犬のしつけ「ハウス」

犬のしつけの「ハウス」はどうすればよいのでしょうか。

今回は犬のハウスのしつけについてアドバイスしてみます。

 

犬のハウスのしつけは、必ずしもしつける必要がありませんが、ハウスの使い方がきちんとできると「お利口さん」な犬に見えることは間違いありませんね。

 

ハウスのしつけとは、犬小屋やゲージに自ら入るようにすることになります。
犬が犬小屋で静かにしていることには良いことですね、ハウス内で暴れ回っていたのでは、部屋も汚れてしまいます。

 

ここのところ、持ち運び可能なクレートもあるので、ハウスは覚えておくといいでしょう。

 

ハウスのしつけも確実にできる評判の犬しつけマニュアル

 

ハウスのしつけの仕方

では、具体的にハウスのしつけの仕方ですが、まず、犬小屋やゲージに、タオルなどのやわらかい布を敷きます。このタオルの上でお行儀よくお座りをして生活してもらうことになりますね。

 

そして、おやつや好物を使って、犬を犬小屋に誘い込みます。
犬を誘導するときは「ハウス〜」と声をかけながら行います。

 

犬が誘いにのって、ちゃんと犬小屋に入ったら、きちんと褒めて、すぐにおやつを与えてあげてください。

そうして再び、犬を犬小屋から出し、このしつけを何度も繰り返します。

 

「ハウス」と言いながら誘導するのがポイントです。
なぜなら「ハウス」と声をかけると、自然と犬小屋の中に入っていくようになるからですね。
「ハウス」という言葉がトリガーとなって犬を条件反射させるしつけプログラムになります。

 

あと犬は確かに賢い動物ですが、すぐに覚えられることはありませんので、一回で覚えられないからといっても諦めずに何度も繰り返し、焦らずに覚えさせて下さい。

 

手や口のサインでハウスをしつける

「ハウス」と声を出して犬小屋に入るようになったら、今度は、手や口でサインしただけで、ハウスができるようになるトレーニングをしてみましょう。

 

これも同じように、手や口でサインを出しながら犬小屋に誘導し、ちゃんと入ったら「褒めて」すぐにおやつを与えます。これを何度も繰り返して、犬が条件反射的に出来るようになるまで繰り返して覚えさせます。

 

ハウスは、絶対に教えなければならない「しつけではありませんが、ハウスができれば、あなたの部屋も汚れることはなくなり、落ち着い居住空間にもなるでしょう。

 

しかも、外出に連れて行く際、キャリーに入れることも多いのですが、キャリーに入れる際も「ハウス」の一言で入ってくれるようになります。端から見ていると、ものすごくお利口さんなワンちゃんに見えますね。飼い主としても誇らしい気持ちになります。

 

ワンステップアップのしつけとして、犬のハウスをしてみませんか?
犬と一緒に根気良く、繰り返してみてください。
あと、しつけをする時は、怒りや諦めはNGですよ。

 

ハウスのやり方が動画で分かる犬のしつけDVDは見ておくと重宝しますね。

 


プロのドッグトレーナーの「しつけ」が自分でできる
森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法