待て・よしは基本のしつけ

犬のしつけでは「待て」「よし」は基本になります。

もう、このことは、犬のしつけでは定番ですね。
皆さん、そうおっしゃります。
「待て」「よし」ができるようになりますと、犬のしつけの基本はできたと思ってもよいでしょうね。

 

ちなみに

  • 「待て」…犬を止める命令。ストップ。
  • 「よし」…「待て」を解除する命令。

ですね。
このことはおわかりかと思います。
「待て」と「よし」は、セットになっています。

 

「待て」と「よし」は、「おすわり」「ふせ」と同様に基本的な「しつけ」になりますね。そうはいいましも「待て」と「よし」は、犬にとって集中と忍耐が必要になる「しつけ」になります。気を抜くことのできない「しつけ」が、「待て・よし」と言っても過言ではありませんね。

 

もし飼い主が、「待て・よし」ができるようになりますと、ほかのしつけも自信をもってできるようになります。「待て・よし」は「しつけ」ができるかどうかの「目安」にもなります。

 

 

 

「待て」をしつける方法

では、「待て」のしつけの仕方について、いくつかご紹介いたします。

 

まず、犬に「おすわり」をさせます。
もしも「ふせ」ができるのであれば、「ふせ」をさせます。
「おすわり」のさせ方はこちら「ふせ」のさせ方はこちら

 

で、何故「おすわり」「ふせ」から始めるかといえば、「おすわり」「ふせ」ができるということは、飼い主に「服従している」という証になるからですね。飼い主がリーダーになっていることを示すのが「おすわり」「ふせ」でもあるわけなんです。まず「軽く服従」させることで、犬の行動を止めてしまう「待て」がやりやすくなるわけですね。

 

もちろん、犬種や犬の性格によっては、「おすわり」「ふせ」などの「軽い服従」行為をさせなくても、いきなり「待て」ができるかもしれません。ですが、ソフトランディングとして「おすわり」「ふせ」から始めるのも一つの「しつけ方法」になります。

 

手のひらのサインを使って「待て」をしつける

「待て」をしつける一般的な方法をご紹介しますが、

「手のひらのサイン」を使ったやり方があります。

 

まず、犬を「おすわり」させます。
そうして、犬の顔の前で手をはっきりと広げながら、「待て」と声を出して命令します。
このとき、手をきちんと広げることですね。
また、犬の目を見ながら、声を明瞭にして「待て!」と言うようにします。
飼い主の気持ちを、ジェスチャーと、声と、アイコンタクトで愛犬に伝えるわけですね。

 

これを何度か繰り返していると、「待て」ができるようになります。

 

犬の回りを一周して「待て」をしつける

上記の方法で訓練ができたならば、犬の回りを一周しながら「待て」をしつける訓練をしてみます。

 

1.犬の右側に立つ

この「しつけ」は、まず犬を左側に「おすわり」させます。
(犬から見て右側に飼い主が立ちます)。
そうして、犬の頭を指で押さえながら「待て」と声を出して命令します。

 

2.犬の前側に回る

犬の頭に指を置いたまま、飼い主のあなたは、犬の前に90度回転して移動します。
犬の頭に指を起き続けることで、犬は安心するんですね。
もしも、あなたが前へ移動するときに、犬も動こうとしたならば、
「待て」と指示して、犬が動かないように命令します。

 

3.犬の左側に回る

次に、犬の左側へ、90度曲がりながら移動します。
このときも、犬の頭に指を置いたまま、移動します。
同じように、もし犬が動きそうになったら「待て」と命令して動かないようにします。

 

4.犬の後側に回る

最後に、犬の背後に回ります。
90度移動するわけですね。
犬は、飼い主が見えなくなると不安になりますので、
背後に回ったときに、犬は動きやすくなります。
このとき、頭に指を置いたまま「待て」と命令をして、動かないように止めます。

 

5.犬の頭に指を置かずに「1〜4」を行う

以上ができたなら、今度は、犬の頭に指を置かないで、「1〜4」を行います。
もしも、犬が動きそうになったら、頭に指を置いて「待て」と命令します。
頭に指を置くことで犬は安心します。
しかし、指を置かずに「待て」ができるようにしていきますので、
最終的には、頭に指を置かずに、犬の一周を回ることができるようにします。

 

6.犬の前側に回る

「5」の訓練ができたなら、今度は、「リード」を長くして「待て」のしつけをいたします。
リードは1.5m〜2mくらいに長目に取ります。
この状態で、犬の周囲を回ります。
もしも犬が動きそうになったら、手のひらを広げて「待て」と命令します。

 

7.1〜6ができれば「待て」はOK

ここまでできるようになれば、公園などで犬をリードでとどめ置いても、
おりこうさんに「待て」ができるようになります。
「ペットOK」のお店でも、静かに「待て」ができるようになると思います。
こうなると、飼い主冥利になりますね。
飼い主としても自信が付くと思います。

 

おやつを使って「待て」をしつける

上記の方法で、どうしても犬が動いたりして落ち着かない場合は、

「おやつ」や「エサ」を使うとよいでしょう。

 

とはいっても、毎回、毎回、「おやつ」を与えていますと、
条件反射が付いてしまいますので、4回に一回の割合で、
「おやつ」を与えるようにしたほうがいいでしょう。

 

「おやつ」を与える場合も「待て」のしつけになりますので、
いきなり「おやつ」を与えてはいけませんね^^;
まず、手のひらを広げて、犬の前に出しながら「待て」と言います。
このとき「待て」の印象を強く与えるようにします。
「待て」のメッセージを犬にちゃんと覚えさせるためです。
で、「待て」ができたなら、床におやつを置きます。

 

しかし、あなたが手にしている「おやつ」のほうに犬は関心が行ってしまうかもしれません。
そういった時は、おやつを手で隠してください。

 

最初は「数秒位」くらいの短い時間で「待て」をするのが良いかと思います。
最初から完璧さを求めてはなりませんね。
少しずつ「待て」の時間を長くしていったほうが良い「しつけ」ができるようになります。

 

 

 

「よし」のしつけ方

「待て」は犬の動きを止めるしつけですね。

我慢させるしつけとも言えます。
辛抱強く待つことができる「しつけ」で、とても大事になりますね。

 

この「待て」を命令すると、犬は、ずっと待ち続けます。
辛抱強く、おりこうさんに待ち続けます。

 

この「待ち」状態を解除する合図が「よし」ですね。
「よし」は犬を開放させ自由にさせる命令になります。

 

「よし」の号令で「待て」を解除します。
「待て」と「よし」はセットですね。

 

「おやつ」を食べることに「待て」と命令して、待ち続けさせます。
犬は、「待て」の命令で止まります。
で、「よし」と命令をして自由にして、おやつを食べさせます。

 

この「待て・よし」が出来たら誉めてあげるようにします。
一つのしつけができたなら「誉めること」は必要になります。
必ずやってくださいね。

 

「待て・よし」をしつける際の注意点

ところで「待て」は、犬にとっても集中力と忍耐力を必要とする訓練になります。

 

「待て」のしつけは、何度も繰り返すのではなくて、適度に休憩を入れながら行うのがおすすめです。

 

また「待て」「よし」という言葉は「大きな声」で「はっきりという」ようにしましょう。はっきりとしたアクションや声、大きな声は、犬が理解しやすいからですね。

 

犬は人間の言語を理解はしませんが、言葉のアクセントやイントネーションを理解します。ですので、はっきり言ったほうが犬は理解しやすいんですね。
ただし、怒ったようなキツイ言い方は、逆効果になります。
これはご注意ください。

 

「待て」「よし」は犬のしつけでは基本になりますね。
大事なしつけです。
ですので「プロのしつけ方」を知っておくのは重宝しますね。
また、その他のしつけの仕方、あるいは愛犬の問題行動を改める具体的な方法が
動画を通して知ることができます。
ちょととお値段は高くなりますが、確実ににおりこうさんな犬にしたいと思いますなら
ぜひお求めになることをおすすめいたします。

 


プロのドッグトレーナーの「しつけ」が自分でできる
森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法