おすわりは犬のしつけの基本

「おすわり」は、犬のしつけで基本となるしつけですね。

「お手」の次くらいに基本となります。
「待て」「よし」よりもまず「おすわり」のしつけが必要ですね。

 

犬を飼い始めたなら、お手おすわりふせ待て・よし、それとおいでは基本のしつけとして習得させましょう。

 

「おすわり」ができるようになりますと、「おすわり」と命令すれば、犬は動かなくなります。これはとても大事なことでして、たとえば、犬を散歩に連れていったときに、横断歩道で待つ必要がある場合、「おすわり」と命じると、そのままお座りをして止まるようになり、交通事故に遭うことがなくなりますね。

 

また、周囲の人達に危害を加えることもなくなります。
飼い犬とのトラブルを回避することができるようになります。
犬を飼うようになったら、「おすわり」のしつけは欠かせませんね。
ですので「おすわり」は「基本のしつけ」ともなるんですね。

 

ちなみに犬は、孤独になることには耐えられませんが、孤独になる以外なら忍耐力があります。ですので「おすわり」と指示すると、そのままジーっといつまでも座ったままでいることができます。
おりこうさんですよね。

「おすわり」から基本のしつけがすべてわかる遠藤和博さんのしつけ方法

 

 

「おすわり」のしつけ方の基本

大事な「おすわり」のしつけ。
では、どうやるのでしょうか?
犬のしつけのやり方には順序があります。

 

はじめて「おすわり」のしつけをする場合

では、初めて「おすわり」をしつけようとする場合のやり方をご紹介します。
まず

  1. 犬の右側に座る
  2. 右手で犬の胸を押さえる
  3. 左手で犬のお尻(背中からお尻にかけて)を軽く押しながら
  4. 後脚のひざを折り曲げる
  5. 2〜4を一連の動作として「おすわり」と命令しながら行う
  6. 「おすわり」ができたら、ほめる

 

これを行います。
犬は、人間の出す命令が、最初は理解できません。
ですので、動き(動作)をともないながら「おすわり」と命令を出して、
犬の聴覚と体感で学習させるようにします。
この練習で「おすわり」ができたら、必ずほめてあげるようにします。

 

ほめるタイミング

ほめる」タイミングは、

  1. 最初は、ひざを曲げることができたら「ほめる」
  2. お尻が地面に付きそうになったら「ほめる」
  3. 完全におすわりができるようになったら「ほめる」

といった具合に、ほめるタイミングをだんだんと遅くしていくようにします。
そうすると、左手で背中を押しただけで「おすわり」をするようになります。

 

さらに、しつけが進みますと、「おすわり」と号令をかけただけで、
「おすわり」をするようになります。

 

「おすわり」をしつける際の注意〜何度も繰り返して行わない

ちなみに、「おすわり」の訓練は、連続して行う場合は5回くらいが限度になると思います。

「おすわり」は無防備な状態にしますので、犬種や、犬の性格にもよりますが、初めて「おすわり」をする犬は、「おすわり」を嫌がります。

 

何度も繰り返して「おすわり」の練習をしようとしますと、犬は嫌がって、言うことを聞かなくなることも起きえます。何度も繰り返して「おすわり」のしつけをするのは、控えたほうがいいですね。

 

どうしても「おすわり」ができない場合

以上が、「おすわり」のしつけ方の基本的なやり方になります。

  • 右手と左手を使ってしつける
  • ほめる
  • 何度も連続して行わない

この3つがポイントにもなてきますが、これらを行っても、「おすわり」のしつけが難しい場合も出てくるかもしれません。

 

そういう場合には、次の2つの方法があります。
ここでは「おすわり」のしつけがしにくい犬への「しつけ方」をご紹介します。

 

おすわりの仕方からよく分かるおすすめのDVD犬しつけマニュアル

 

リードを使った方法

上記の方法で「おすわり」ができない場合は、「リード」を使ったやり方があります。

  1. まず、犬にリードをつける
  2. あなたの横に普通に立たせる(四つ足で立たせる)
  3. リードを上に引っ張って、そのまま犬のお尻から後ろの足に向かって引っ張る
  4. このとき「おすわり」と声を掛けて犬のお尻を軽く押す
  5. 犬はお尻を落として、自然に「おすわり」をするようになる

「1〜5」を何度か繰り返して、犬が自然におすわりができるように訓練をします。そうして、おすわりができたら、やはり必ず「ほめる」ようにしてください。「おやつ」をあげてもいいですね。

 

エサ・おやつを使った方法

「おすわり」のしつけに手こずる場合のもう一つの方法が、エサ(おやつ)を使うしつけの仕方です。
やり方は、次の通りとなります

  1. まずエサ・おやつを用意して、犬の頭の上に持っていく
  2. 犬の頭上にエサを吊すことができれば、そのようにしてみる
  3. 犬は、頭上のエサを欲しがり、上を見上げます
  4. 犬が上を向いてエサを見ている時に「おすわり」と声を出してお尻を軽く下に押す
  5. そうすると自然と「おすわり」の状態になる

犬は、エサに注目していますので、このとき、力を入れ過ぎてお尻を下に押すと、犬はビックリして興奮することがあります。力を入れてグっとお尻を下げることは、この訓練ではやめたほうがいいですね。

 

スっとお尻を下げるように軽く押すことがポイントになります。
また、犬が座ろうとしたタイミングで、「おすわり」と声をかけることですね。
これを何度も繰り返していくと、「おすわり」のしつけを覚えるようになります。

 

 

おすわりのしつけ方法のポイント

以上が「おすわり」のしつけ方になります。

「おすわり」は基本となるしつけですね。
「おすわり」ができるようになると、次のしつけもしやすくなります。
必ず覚えさせることをおすすめいたします。

 

ちなみに「おすわり」をしつけるポイントは、

  1. 「おすわり」と声をかけながら、右手で胸を押さえ、左手でお尻を軽く下げる
  2. 「おすわり」ができたら「ほめる」こと
  3. 一度の訓練で何度も連続して行わないこと

以上の3点になりますね。
根気よく繰り返してしつけていけば、おすわりを覚えるようになります。
最終的には「おすわり」と声をかけるだけで、自然に座るようになります。
ワンちゃんの条件反射ですね。
これはしつけの基本でもあります。

 

犬のしつけというものは、おすわりに限ったことではありませんが、褒めなければ覚えてくれません。
きちんと褒めながら何度も繰り返すということが一番大切なことですね。
より詳しいことや、その他のしつけの仕方については、下記のDVDが大変役立ちます。

 


プロのドッグトレーナーの「しつけ」が自分でできる
森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法