「お手」は人間と犬とのコミュニケーション

「お手」は「犬のしつけ」というよりも「コミュニケーション」になりますね。「お手」をおぼえさせること自体は「しつけ」に似てきます。「しつけ」といえば「しつけ」になりますが基本的には犬と人間とのコミュニケーションになるというのが本質ですね。

 

しかし一般的に「お手」は「しつけ」の基本とみなされています。
犬を飼い始めたなら、まず「お手」をおぼえさせるくらい定着しています。

犬がおぼえる動作としては定番です。

 

お手は覚えていなくても日常生活では別段、不便になることはありませんが、基本のコミュニケーションとして、マナーとして、しつけ?としておぼえさせるのがいいと思います。

 

「お手」を身につけさせる方法

さて、お手を憶えさせる方法を、具体的に紹介しましょう。

 

ちなみに「お手」を憶えさせる前に「おすわり」ができることが条件です。もしも「おすわり」ができていないなら、まず「おすわり」をしつけてください。

 

ここでは「おすわり」ができていることを前提に、「お手」のしつけ方をご紹介いたします。

  1. まず「おすわり」と言って犬を自分の正面座らせる
  2. 次に、犬の手を取って自分の手の上において「お手」と言う
  3. このとき何回も「お手(だよ)」と犬に話しかける
  4. できたらほめてあげる

これが基本的なトレーニングになりますね。

 

これができるようになったら次のトレーニングをします。

  1. まず「おすわり」と言って犬を自分の正面座らせる(上記と同じ)
  2. 次に、犬の手を取らずに「お手」とだけ言う
  3. できたらほめてあげる

このようにいたします。
最初は犬の手を取って「お手」と言いますが、これができるようになれば、手を取らずに「お手」と号令をかけるだけで手を出すようにします。

 

 

「お手」のトレーニングで大切なことは?

この「お手」のトレーニングでは「おて」と「声をかける」ことを繰り返すのがポイントです。何度も繰り返しているうちに犬は「お手」を覚えるようになります。

 

大事なことは沢山「ほめて」あげることですね。
犬は飼い主から褒められることがとても嬉しいものです。

 

犬が自然に「お手」ができるようになったら大げさに褒めてあげてください。
おやつなどがあれば、「お手」ができたタイミングであげるといいですね。

 

お手のトレーニングのポイントをまとめると

  • 「お手」と声をかける
  • できたらうんと「ほめる」

ということになります。

 

 

「お手」のトレーニングで大切なことは?

しかしながら、もしも上記の方法で「お手」ができなければ、犬の手や肩辺りを軽く「突いて」みて下さい。犬の身体構造上、犬は手を出すようになります。手を出す動きと、「お手」という号令が一致することを、犬に憶えさせるわけですね。

 

犬の前に手を出して自然と「お手」をさせることは、何度か繰り返しているうちにできるようになってきます。早ければ10分から20分以内でできるようになります。

 

 

「お手」は信頼関係・コミュニケーションを築く基中

「お手は」基本のしつけ(コミュニケーション)で、わりと簡単な動作になります。初めて犬を飼い始めた方には新鮮な体験になるでしょう。

 

なかなか「お手」ができないからといって諦めてはなりませんね。覚えるまで何度でも「お手」をしてあげるといいでしょう。お手ができたときには、うんと褒めてあげることですね。

 

また「お手」のしつけを通して、犬との信頼関係・主従関係もしっかりと築けるようになります。一つ一つの「しつけ」「学習」が飼い主との関係を築いていく実践にもなります。ですので、しつけそのものが大事になってくるわけなんですね。

 

「お手」は初めて犬を飼う方にとっても最初の「しつけ」としておすすめです。
「おすわり」のしつけがでいた後は、「お手」のトレーニングをしてコミュニケーションを図るのはおすすめです。

 

ほとんどの犬が、なんなくでも「お手」はクリアします。飼い主はしつけに悩むことはないはずです。しつけをこれから続けるためにも「お手」はやってみてください。小馬鹿にしてはいけませんよ。

 

犬のしつけの仕方は、下記のDVDをご覧になると大変よくわかります。プロのトレーダーのコツとノウハウが分かりますので、非常におすすめです。犬を飼うなら、下記のDVDは一枚は必需品として持っておいたほうがいいでしょう。

 


プロのドッグトレーナーの「しつけ」が自分でできる
森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法