犬を飼う心得・ポイント記事一覧

「犬を飼いたい!」と思ったなら、「どうやって犬を入手するか?」ということになりますよね。犬の入手の仕方には、大きく分けて3つあります。それはペットショップで購入ブリーダーから譲り受ける里親になるおおむねこの3つになります。しかしながら、多いのは、ペットショップ、ブリーダーでしょう。初めて犬を飼う人は、そうやって入手すればよいのか迷ってしまうと思います。「なんとなく」という理由で入手することも少なく...

初めて犬を飼う方にとって、「どういう犬を選べばよいのか」「どういう基準や条件を押さえればよいのか」というのが曖昧なこともありますよね。そこで、初めて犬を飼うために必要な条件をここではご紹介いたします。それは、健康状態性格性別血統種か雑種か和犬か洋犬か住宅環境母犬と一緒に生活していた期間この7つの項目になります。この4つを踏まえて、犬を選ぶことがおすすめになります。犬の健康状態まず何といっても「犬の...

初めて犬を飼う人にとって、犬種もさることながら、性別も気になりますよね。初めて犬を飼うならば、おすすめなのは「飼いやすい犬」です。で、飼いやすい犬とは、ズバリ優しい性格(大人しい性格)の犬しつけしやすい犬コントロールしやすい犬になります。一言でいえば性格のやさしい犬ですね。大人しい性格です。で、「性別」でいえば、断然「メス」のほうが優しい性格をしていて、飼いやすくなります。ですので、初めて犬を飼う...

犬のしつけには適切な時期があります。実は「しつけにふさわしい適切な時期」というのがあります。それは「生後2〜3ケ月」の時期なんですね。このことは後ほどくわしくお話させていただきますが、しかし犬のしつけに適切な時期があることを知らない方も結構いらっしゃいます。そもそも犬のしつけは「適当な時期」に開始するのではないんですね。「しつけ」をすべき適切な時期というのがあることを憶えておいてください。この適切...

子犬のしつけ・飼い方がありますね。「子犬特有」のことになります。ところで「子犬」とは「何歳」までの犬を言うのでしょうか?ご存じですか?実は一応、犬には年齢区分による呼び方があります。ええ、犬の年齢によって呼び方が違ってきます。それは、子犬…生後1才まで成犬…生後1才以降ということです。簡単にいってしまえば「1才」を区切りにして「子犬」「成犬」と分けられるということです。このことはドッグフードの表記...

犬のしつけといっても、「成犬のしつけ」となると、かなりてこずる場合があります。できることなら、子犬の時にしつけをしておいたほうがいいですね。人間と同じで、子供の頃は、刷り込みもしやすく、学んだことがそのまま第二の天性になりやすいからです。もっとも子犬に言って効かせてしつけをすることも大変です。しかし成犬に比べれば、子犬のほうがしつけしやすいことは事実です。成犬になってからではなく、子犬の時代からし...

犬のしつけで体罰はやっていいのでしょうか?犬のしつけを行う時に体罰というのは基本的に御法度になります。止めたほうがいいですね。これは人間も同じです。やたらと体罰を加えて暴力で教え込むと、粗雑な人間になってしまいます。体罰や暴力を経ると、一見するとタフに見えるようになりますが、その実は感受性が鈍くなり粗雑にもなっているだけのことが多かったりします。他人への共感共鳴を欠き、人格に障害を抱くことも出てき...

犬には性格があります。大きく分けて「強い性格」と「弱い性格」とに別れます。弱い性格の犬についてはこちら犬の「性格が強い」とはどういうことか?犬において、強い性格とは、攻撃性が強い縄張り意識が強いポジション意識(上下関係)が強い自己主張が強いやんちゃ積極的イタズラ好き飼いにくいオス犬といった傾向を示す性格を複数兼ね備えている犬になります。性格の強い犬種また性格の強い犬の犬種もほぼ決まっています。性格...

犬には性格がありますね。犬種によっても性格に違いがあったりします。犬の性格を大きく分けると、「強い性格の犬」「弱い性格の犬」に分けられます。性格の強い犬については、こちらに書いています。犬における「弱い性格」とはどういうことか性格の弱い犬とは次のような傾向を有する犬を指します。優しい性格(攻撃性が弱い)縄張り意識が弱いポジション意識(上下関係)が弱い自己主張が弱い控えめ大人しい行動的でない飼いやす...