犬のしつけで体罰はやっていいの?

犬のしつけで体罰はやっていいのでしょうか?

 

犬のしつけを行う時に体罰というのは基本的に御法度になります。
止めたほうがいいですね。

 

これは人間も同じです。
やたらと体罰を加えて暴力で教え込むと、粗雑な人間になってしまいます。
体罰や暴力を経ると、一見するとタフに見えるようになりますが、その実は感受性が鈍くなり粗雑にもなっているだけのことが多かったりします。他人への共感共鳴を欠き、人格に障害を抱くことも出てきます。

 

体罰や暴力は悪い意味での体育会系の人間を量産してしまいます。犬のしつけでも、これは同じことだったりします。
犬だからといって、体罰や暴力で教え込むのは、原則的にはお止めになったほうがいいでしょう。

 

犬を甘やかして「しつけ」るのは「いけない」という認識から過剰に厳しく接し体罰を行う飼い主さんもいますが、
叱る事≠体罰
ではないということを認識しておきましょう。

 

犬は体への刺激を「しつけ」と認識するほど賢くはありません。
体に痛みを加える者を怖い対象と認識して、言うことを聞くようになるだけです。
これを裏返せば、暴力をふるわない人には従わないという学習にもなってしまいます。

 

 

犬のしつけは「学習」です。
条件反射を活用した「学習」です。
飼い主と、その家族の愛情を前提にした「学習」です。

 

これと真逆なことをするのが体罰による「しつけ」です。
恐怖に基づく条件反射の「学習」だったりします。
恐怖は「怒り」です。
犬も「怒り」の感情を蓄えるようになります。
そうして体罰を加えられると、犬は暴力を振るわれたと思うようになり、やがて飼い主に対する忠誠心を持たなくなる可能性もでてきます。

 

体罰・暴力は心に痛みを残します。
飼い主に対しては、恐怖心で従うようになります。
しかし恐怖心が強く残りますので、緊張が高まったり、不安が昂じたときに、攻撃的になってしまうことがあります。犬の暴走ですね。実は、これが怖かったりします。

 

 

 

しかし「体罰を絶対にやってはならない」というのもまた極論だったりします。
体罰は「基本的にはしない」ということですね。

 

というのも、どうしても体罰をしなければならないときもあるからです。
犬が、しつけをどうしても受け入れなかったり、必要なしつけを頑強に拒否する場合です。

 

たとえば、

  • 見知らぬ人へ吠える
  • 他人や子どもに飛びつく
  • ムダ吠えをする
  • 人を見るとうなる
  • すぐに興奮する
  • 拾い食いをする
  • 他の犬とケンカをする

といった問題行動を取り、その問題行動がどうしても直らない場合ですね。
こういうケースでは、大概、飼い主との間に適切な信頼関係・主従関係ができていないことが多かったりします。したがって、まずは信頼関係や主従関係を構築し直すことが必要になります。が、緊急を要する場合は、やむを得ず体罰を使うことがあります。

 

こういう時の体罰の仕方は、

  • アゴの下をパンチする
  • 鼻先を叩く

といったやり方になります。

 

しかし体罰を加えた後は、アイコンタクトをして充分にほめてあげて愛情表現を欠かさないことです。
こうした愛情のフォローがありませんと、体罰によってしつけられた犬は、トラウマを抱えるようになります。
また信頼関係・主従関係を構築し直すことですね。

 

 

例外はあるにせよ、原則的に「体罰でしけつない」ことですね。
体罰は、先ほどの通りで、何かの拍子に他人に他人に危害を加えたりすることもでてきます。反対に、人や社会に馴染む事も困難になってしまうこともあり得ます。飼い主に従うにせよ、他人に警戒心を抱くようになったりします。社交性も無くなります。

 

何度も失敗するからとか、一度で覚えて欲しいからという理由でぶったり叩いたりすることを推奨したりする人もいますが、それは「どうしようもないケース」以外は推奨でいないというのが本当のところだったりします。

 

犬へのしつけは、

  • 信頼関係・主従関係の構築
  • 命令(言葉や口調)
  • 態度
  • アイコンタクト

を通して行うのがおすすめです。
体罰は言うことをきかない「緊急時」「非常時」に限ります。
それが正しい犬との接し方にもなりますね。

 


プロのドッグトレーナーの「しつけ」が自分でできる
森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法