性格の強い犬

犬には性格があります。
大きく分けて「強い性格」と「弱い性格」とに別れます。

弱い性格の犬についてはこちら

 

犬の「性格が強い」とはどういうことか?

犬において、強い性格とは、

  • 攻撃性が強い
  • 縄張り意識が強い
  • ポジション意識(上下関係)が強い
  • 自己主張が強い
  • やんちゃ
  • 積極的
  • イタズラ好き
  • 飼いにくい
  • オス犬

といった傾向を示す性格を複数兼ね備えている犬になります。

 

性格の強い犬種

また性格の強い犬の犬種もほぼ決まっています。
性格の強い犬には、次の種類があります。

  • チワワ
  • ポメラニアン
  • ドーベルマン
  • ダックスフンド
  • ダルメシアン
  • シベリアン・ハスキー
  • セント・バーナード
  • ボクサー
  • フォックス・テリア
  • ミニチュアシュナウザー
  • ウェルッシュコーギーペンブローク
  • パピヨン

これらは性格の強い犬種になります。
ただし、ザックリとした分け方になります。しつけの仕方によっては、大人しくなる犬種もいますね。その辺りを勘案していただければと思います。

 

 

性格が強いからといって他を傷つけるという意味ではない

性格が強いというのは、他者に対する攻撃性を持っているかどうかということになります。しかしながら、「攻撃性が強い」といっても、危害を加えるという意味ではありませんね。決して人や他の動物を傷つけることを好むという意味ではありません。

 

要するに「自分を全面に押し出す傾向がある」ということです。分かりやすくいえば「自己主張が強い犬」、それが性格の強い犬ということでです。性格の強い犬は自己主張が強いのが特徴です。

 

犬の性格は体の大きさには関係ありません。小型犬でもチワワのように、性格の強い犬種もいます。ですので飼う際には見た目だけではなく、性格や気質を把握した上で引き取るようにしましょう。

 

 

攻撃的な性格の犬は警戒心も強い

ところで攻撃的な性格の犬は同時に、警戒心が強いのも特徴です。性格の強い犬は自分の知らない人が近づいてきたり、他の動物が自分のテリトリーに入ってきたりすると大きく吠えたりもします。

 

これは見た目では攻撃性が強いとも言えます。しかし本当は警戒心が強いからなのです。臆病であるともいえます。ビビりやすい性格なので、自己主張もするし、吠えることも出てくるということです。これは人間も同じですね。

 

強い性格の犬にしないためには

強い性格の犬は、犬種によっても強弱はあります。
犬種によって、攻撃的であったり警戒心が強くやたらと吠えることもあります。

 

しかしながら、昔から言われている通りで「弱い犬ほど吠える」という通りだったりします。小心で気が小さいが故に、キャンキャンと吠えるのですね。これもクセの一つともいえます。ですので、こうならないための対策を施すことが大切です。

 

大事なことは、子犬の頃からできるだけ多くの人と接するようにさせることになります。
これが警戒心を抱かせ、小心にさせない特効薬ともいえます。子犬の頃に、社会への適合がしっかりと行われない場合は攻撃性を強く持つという傾向が出てきます。

 

つまり、小さい頃から多くの人や社会生活に慣れさせれば、ある程度は落ち着いた性格になるということです。室内犬は、飼い主と家族という閉鎖的な環境で育つことが多いため、人見知りをして見知らぬ人が来たらやたらと吠えるようにもなります。ですので、理想的なことをいえば、子犬の頃から多くの人間と触れあうことが大切になってきます。

 

元々性格の強い犬であってもしつけ方次第では、大人しく攻撃性をある程度抑えることも可能なので、しつけや教育の心構えをしてからこういった性格の子を飼うようにしましょう。そして、しつける際にはそれなりに根気も必要となるので、覚悟をして飼い始めることも大切だと言えます。

 

下記の教材をご覧になれば、強い性格の犬でも誤りなく育てることができるようになります。

 


プロのドッグトレーナーの「しつけ」が自分でできる
森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法