犬の健康管理記事一覧

犬の毛並みの手入れは大切ですね。ですが毛並みの手入れは、犬の種類によって違ってきます。例えば、シーズーといった毛が長毛の犬の場合は、手入れを絶対に欠かしてはいけませんね。なぜなら、手入れを怠ると毛玉が出来てしまうからです。毛が固まってしまい、毛布みたいになってしまいます。犬の毛が固まってしまうと、犬の病気の原因になってしまいます。たとえば湿疹が出来てしまったり、あるいは、ノミ、ダニなどがつくことも...

犬が病気になったとき、必ず身体に異変が出てきます。普段の様子と違うことは、病気になったか体調不良のサインです。犬は、少々体調不良であっても見た目は元気なことが多い動物です。明らかに症状が出てきたときは、病気が進行していますので、手遅れにならないうちに犬の体調異変のサインを読み取るようにしましょう。そこで犬が病気になったことを早期発見できる身体的サインをご紹介します。1.ウンチの異常・ウンチの臭いが...

犬を飼うなら、予防接種を受けさせましょう。伝染病にかからないために人間も小さい頃から予防接種を受けるのと同じで、犬も予防接種を受ける必要があります。犬の予防接種は、一定期間ごとに受ける必要があります。ここは人間と違って、人間は1度受ければあとは一生受けなくても免疫ができますが、犬は一定期間ごとに予防接種を受けないと免疫効果が出てこなくなります。病気によってもワクチンは違いますが、予防接種の効果は、...

犬が感染する病気の中には寄生虫による疾患もあります。犬に寄生する寄生虫の中には、人間に感染する寄生虫もいるため、注意が必要です。特に室内犬の場合は、一緒に生活しますので、人間も感染する恐れがあります。ですので犬の予防接種は欠かさないようにしてください。犬の寄生虫が原因で発症する病気で多いのは次の症例です。フィラリア症【寄生虫】犬糸条虫/長さ17〜28センチの大きさに成長し、そうめんのような寄生虫。...

犬の病気にはウィルス感染が原因で発症するケースもあります。こちらでは寄生虫が原因で発症する病気をあげましたが、ここではウィルス感染による疾病のうち代表的な病気を掲載いたします。ウィルスは寄生虫と違って、人間が目視して確認できない病原です。ですので犬の体調は状態を観察し、何らかの症状を発していないかどうかを日々確認することが大切になってきます。犬に感染するウィルスの中には、死亡に至る病原体もあります...