犬の病気を早期発見するチェックシート

犬が病気になったとき、必ず身体に異変が出てきます。
普段の様子と違うことは、病気になったか体調不良のサインです。
犬は、少々体調不良であっても見た目は元気なことが多い動物です。
明らかに症状が出てきたときは、病気が進行していますので、手遅れにならないうちに犬の体調異変のサインを読み取るようにしましょう。
そこで犬が病気になったことを早期発見できる身体的サインをご紹介します。

 

ネット動物病院

 

 

1.ウンチの異常
・ウンチの臭いがいつもと違う
・ウンチが下痢気味
・血便が出る
・排便の量が多い
※ウンチは犬の健康状態をチェックできる一番の方法です

 

2.オシッコの異常

・オシッコが出ない

・オシッコの量が多い
・血尿が出る
・オシッコのときに痛がる

 

3.食欲の変化
・エサを食べない
・食欲が低下している
・食べたものを吐く
・食べる量が少ない
※動物は体調が悪くなるとエサを食べなくなります

 

4.目の異常
・目やにが多い
・涙目になっている
・目の周りが赤かったり腫れている
・目の状態がなんとなくおかしい

 

5.口の異常
・ヨダレが多く出ている
・口が異常に臭い
・口の中にできものができている
・歯肉が白っぽく弱っている様子

 

6.耳の異常
・耳から臭いニオイがする
・耳に違和感があるように頭を振ったりかく
・耳から何かが出ている

 

7.鼻の異常
・鼻水が出ている
・鼻が乾き気味
・せきが出る

 

8.身体の異常
・動きが悪く、緩慢
・抜け毛が多い
・毛並みが悪い
・体臭がいつもと違う
・かゆみを覚える

 

このチェックシートに照らし合わせれば、犬の健康状態と異変が分かります。
もしもこういったサインが出ていれば、犬の体調が悪くなっているか、病気になっている可能性があります。
早期発見が第一ですので、気になる場合は動物病院へ連れていきましょう。

 

ただしエサが悪く、上記の症状を引き起こすこともあります。
その場合は、エサをプレミアムドッグフードに変えるか、手作りのエサを作って与えるとよくなります。

 

またストレスを受けている時も上記の症状を出すときもあります。
その場合は、ストレスを解消させる接し方が必要になってきます。

 

エサやストレスが原因でないときは、病気の可能性もありますので、掛かり付けか、お近くの獣医さんに診てもらうことをおすすめいたします。

 

犬が病気になったら全国各地の動物病院をネットで紹介