キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

身体的特徴

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、通称『キャバリア』と言われるこの犬種は軽くウェーブのかかった毛並みを持っています。

中には、もしくは部分的に直毛の犬もいますが、全てが直毛の犬はあまり見かけません。

 

特に耳に生えている毛は飾り毛と呼ばれることもあり、
軽くかかったウェーブはキャバリアの大きな特徴にもなっています。
毛色はさまざまで、個性が出るところでもあります。

 

体の大きさは30cm程度、体重も6〜8kg程度にしかなりません。
顔の特徴としては、鼻が前の方に突き出し、そして離れた目が挙げられます。

 

基本的には丸い目をしていますが、犬によって少し横長の目を持つ犬もいます。
被毛に覆われてはいますが、体自体はしっかりとした作りで堂々と歩く姿も印象的です。

 

 

性格

「優しい、そして穏やか」一言でキャバリアの性格を言い表すとこのような言葉がしっくりとくるでしょう。

 

愛嬌もとてもありますし、誰とでも仲良くなれる資質を持っているのもキャバリアであり、
とても飼いやすい犬種であると言えます。

 

遊ぶことも運動することも好きですが、
どちらかと言うと大人しい性格です。

 

しかし、何かに興味を持つという性質は強く、
散歩をしても目に付くもの何にでも興味を持ってしまうでしょう。

 

環境に順応しやすいのも特徴です。
ストレスも溜まりにくいために小さな子供でもある程度の面倒をみることが可能です。

 

陽気なところと上品さを持ち合わせている性格も魅力です。
飼い犬として理想の性格が備わっていると言うことができるかもしれません。

 

しつけのポイント

運動は好きなのでちゃんと遊ばせてあげることは必要ですが、
遺伝的に心臓疾患を患っている場合は注意が必要です。

 

運動をしなくても過ごせるキャバリアもいますが、
やはり適度な運動は必要なので、散歩は欠かさないようにしましょう。

 

肥満に気を付けながら軽い運動をさせるのがベストです。
体の為に食事のバランスを管理するのも非常に重要と言えます。

 

小型犬なので、できれば室内犬として育てましょう。
運動を過度にせさてはいけないこともその理由になります。

 

とても人懐っこく飼いやすいのですが、
その反面しっかりと教えるべきことは教えるのも大事な要素のひとつです。
メリハリをつけたしつけをしましょう。
とても社交的ですから、飼い主や家族以外の人に対する接し方もしつける必要が出てくるかもしれません。