ラブラドール・レトリーバー

身体的特徴

大型犬の代表的な存在として知られているのがラブラドール・レトリーバーです。

 

体の大きさはオス・メス共に50cm台の後半まで大きくなり、
体の重さが30kgを超えることも珍しくはありません。
正面から見ると少し縦長の印象を受けるでしょう。

 

横から見ると頭までの高さより体の長さが少し長い程度なので、
とても均整が取れていると言えます。

 

骨太で筋肉の量も丁度良く、どっしりとした印象よりも
むしろスマートな筋肉質といった感じの体を持っています。

 

毛は短く滑らかな質の犬がほとんどです。
毛の色もその短髪に見合った単色であることが多く、
白、黒、ブラウン、グレーなど、色のパターンは犬によって大きく変わってきます。

 

耳は三角形で横の方に垂れており、顔つきは犬によってだいぶ違うのも
ラブラドール・レトリーバーの面白いところでしょう。

 

 

性格

温厚で温和、友好的で従順と、犬を飼いたいと思っている人の好む性格を全て持ち合わせているのが、ラブラドール・レトリーバーです。

 

大きな体とは裏腹にとても人当たりがよく非常に飼いやすい犬種と言えるでしょう。
人間と遊ぶこともとても好きなので、小さいお子さんでも大丈夫です。

 

ちゃんと遊び相手になってくれます。
ラブラドール・レトリーバーは勉強熱心な一面も持ち合わせています。

 

教えたことはしっかりと遂行してくれるので、飼っていて良かったと思えるでしょう。
それなりにしっかりとしつけた犬であれば、
無駄に吠えたり攻撃的になって、他人や他の犬を傷つけることもありません。

 

利口さと穏やかさを持ち合わせていると言えます。
愛情を注げば、必ずその愛情をいっぱいにして返してくれる、
とても愛に溢れた性格でもあるのです。

 

しつけのポイント

ラブラドール・レトリーバーはしつけがしやすい犬種としても有名です。
しかし、子犬の時のしつけが非常に大きなポイントとなるでしょう。

 

大人になると精神面でも成熟し、飼い主に従順で温厚な性格になりますが、
生まれてすぐはそれなりにやんちゃをするので、しつけるには根気が必要になるかもしれません。

 

小さな頃の遊びにしっかりと付き合い、そして教えるべきことは教えるというスタンスが重要でしょう。
愛らしい表情や行動をするラブラドール・レトリーバーですが、
甘やかさないように、しつけるところはしっかりと、という考え方も大事になってきます。

 

このような精神面でのしつけと共にしっかりと運動をさせてあげるのもしつけの重要な点になります。
精神面と肉体面での充実が大きなポイントになってくるでしょう。