ミニチュアダックスフンド

身体的特徴

ミニチュアダックスフンドの代名詞はその脚の短さになります。

これが可愛らしさを強調しています。

 

脚は短いのですが筋肉質で締まった身体をしているので、
運動能力はそれなりに持ち合わせています。

 

毛の長さ、カラー、質はとても個性が出るところであり、
基本的には黒や茶色の毛並みですが長さや質は短く艶のある
犬から長くてふわふわとした犬、比較的固い毛質を有した犬までさまざまです。

 

特に短い毛を持ったミニチュアダックスフンドは
艶やかな体を持ち、体全体が光り輝いているようにも見えます。

 

鼻が前の方に突き出しているのもひとつの特徴ですし、
大きな耳が常に垂れ下がっている姿も可愛らしさを演出しています。

 

頭からお尻までの長さは長いのですが、足から頭までの体高は25cm程度ととても低く、
しかし筋肉質なので、体重は5kgに迫る犬もいます。

 

 

性格

物に対しては興味を持ち接することもためらわない性格ですが、こと飼い主以外の人物に対しては警戒し、神経質な面を見せることもしばしばあります。

 

小型犬によくある活発性も見られ、好奇心はとても強い犬であると言えるでしょう。
ミニチュアダックスフンドは遺伝子の関係で下の方へ潜る傾向も見られます。

 

穴を掘ったりすることもあるので、散歩中には気を付けたいですね。
ミニチュアダックスフンドの性格は毛質などによっても
多少違いがあるので、飼う際には確認をしてからの方がいいでしょう。

 

毛が硬めの犬は気が強いという性格を持っているようです。
臆病さを持った犬もいるので、心のケアが必要になる場合もあるでしょう。

 

しつけのポイント

性格的にどうしようもないのですが、ミニチュアダックスフンドには
地面を掘ったりすることに対してしっかりとしたしつけが必要でしょう。

 

活発であり動き回ることも好きなのですが、
それをしつけで控えさせるのは簡単ではありません。

 

しつけに関しては、時間をかけてしっかりと行うのがポイントになります。
言うことを聞かないから、癖が直らないからと
途中でしつけるのを諦めたり投げ出したりしてしまわないように気を付けなければなりません。

 

ミニチュアダックスフンドは、見た目は小さく不格好ですが、
体力はあるので運動は多めにさせてあげた方がいいです。

 

できれば太陽の当たる場所での運動がいいでしょう。
食事は適度にというのもポイントになります。

 

しつけの一貫として、食べ物の調整も飼い主の義務であり、責任と言えます。
初めて会う人には攻撃的になることもあるので、
そういったことにも対処できるようにしつけておきましょう。