パピヨン

身体的特徴

パピヨンは小さな体とふわふわとした毛を持つ犬になります。

 

目や鼻は基本的に黒く、体の色は白を中心に
目や耳周りに黒かブラウンを伴っているというのが一般的でしょう。

 

色や模様などはどの犬も似たような特徴を持っていると言えます。
一点を集中して見つめるような眼差しも魅力的です。

 

骨はとても細く全体的に華奢なのですが、
毛が長い分安定したシェイプに見えます。

 

毛のお手入れの仕方によって、優雅に見せることもできますし、
健康的に見せることも可能でしょう。

 

パピヨンの名前の由来にもなった大きく広がる耳が最も魅力ある部分とされるところです。
体高は30cmを超えませんし、体重も5kgを超えることは稀です。
歩き方にも、気品が感じられる犬になります。

 

 

性格

パピヨンは基本的には穏やかで人付き合い・犬付き合いも得意な性格であると言えるでしょう。

 

攻撃的な面を見せることもほとんどなく、
普段は比較的穏やかであると言えます。

 

遊ぶのが好きな犬種なので、犬と戯れることに
何よりも生き甲斐を感じる人にはもってこいなのではないでしょうか。

 

ただ、全てのパピヨンがそういった友好的、
そして温和な性格とは限らず、中には精神的に弱い犬もいるようです。

 

基本的にはおっとりとした性格で活発に動き回るといった、
とても飼いやすい性質を持っていると言えますね。

 

飼い主にもしっかりと忠誠を誓う犬です。
頭もいいのである程度のしつけをすれば、
言うことを聞いてくれるようになるでしょう。

 

しつけのポイント

まずは適度のしつけを心がける、
というのがパピヨンに対するしつけの最大のポイントになります。

 

怒り過ぎたり叱り過ぎたりすると卑屈な性格が表れて神経質になり、
言うことを逆に聞かなくなるという恐れも持っているのです。

 

そうなると吠え癖がついたりする場合も多々あるので注意しましょう。
逆にしつけを怠ると自己中心的な犬となり、
全く手に負えないという性格に育ってしまう危険性ももっています。

 

しつけるところはしっかりと、そして甘えさせるところや一緒に遊ぶところは心を開いて、
というのが基本的なしつけ方・接し方になるのではないでしょうか。

 

散歩は普通にするだけで大丈夫ですが、
頭を使うような遊びを取り入れることでより深いコミュニケーションを取ることができます。

 

パピヨンは人気がありますが、その分、対応の仕方には気を付け、
工夫を凝らす必要があるとも言えます。