ポメラニアン

身体的特徴

ポメラニアンは豊富で質の柔らかい被毛に覆われています。

 

鼻と口の周り、さらに脚周り以外はもふもふの毛で覆われており、
さまざまなお手入れができるのも特徴です。

 

毛で覆われているせいもあり、丸みを帯びたフォルムを持っています。
実際に胴も短く全体的に小さくまとまっている印象を受けます。

 

目や鼻が顔の中心に集まっているのもポメラニアンの可愛らしい特徴で、
愛嬌がある顔立ちをしています。

 

体の大きさは小型犬の中でも特に小さく、
体の高さは20cm前後で体重も小さいものだと2kgに満たない犬も多くいます。
大きくても3kgちょっとといったところまでしか成長しません。

 

耳は非常に小さく、三角形をしているのですが、
毛の覆われ方によっては丸みを帯びているようにも見えます。
いずれにしろ短い為に上に突き出しているように生えています。
カラーバリエーションは非常に豊富ですが、いずれも単色であることが多いです。

 

 

性格

小型犬によく見られますが、ポメラニアンもとても元気よく動き回るキャラクターの持ち主です。

 

愛嬌もよく愛想もとてもいいです。
興味の持ち方も他の犬種よりも強く、
何事にも顔を突っ込んでくる性格であるとも言えます。

 

色々な物や事に興味があるということは、それだけ自己主張も強いということです。
場合によっては、神経質に陥ったり攻撃性を見せることもたまにあります。

 

小さな頃から一緒にいて愛情をたっぷりと注げば、
しっかりと受け止めてくれ、素直な性格に育つでしょう。

 

身体は小さいのですが、番犬として利用されることがあるほど
見知らぬ人に警戒する性質があるのもポメラニアンです。
そのあたりの性格をしっかりと見極めた上で育ててあげたいです。

 

しつけのポイント

ポメラニアンは子供の頃からのしつけがしっかりと反映されるので、
密なコミュニケーションを取る必要があります。

 

これは甘やかすといった意味ではありません。
見知らぬ人や他の犬に対して敵意をむき出しにして吠えるようなこともあるので、
それを抑える為の訓練やしつけというのが欠かせないのです。
吠えるだけではなく、噛む癖がついてしまう犬もいるので、しつけは注意深く行いましょう。

 

室内犬として育てるのには適していますが、
ある程度好奇心を満たすような遊び方、運動の仕方をすることも必要になってきます。

 

しつけの仕方に失敗するとわがままで自己主張の激しい犬に育ってしまうので要注意です。
そういった面では、ポメラニアンは決してしつけやすいとは言えませんが、
丁寧に接すれば従順な一面も見せてくれるでしょう。