トイ・プードル

身体的特徴

トイ・プードルは毛足の長い体毛に覆われており、しかも毛の密度が非常に高いので定期的に毛をカット・お手入れしなければモコモコとした体つきになりってしまいます。

 

体毛の触り心地は若干硬めで触感は非常に手応えがあるといった感じです。
体毛の色はさまざまなタイプがありますが、
縞や斑といったような特徴は持ち合わせておらず、単色なのも特徴になります。

 

大きさは20〜25cmほどが主流で体重は7kg前後が一般的です。
目は黒っぽい色でアーモンドのような形をしており、とても愛嬌のある表情をしています。

 

スタイルが良いのは、狩猟犬として飼われていたからでしょう。
耳は長く垂れ下がっています。
しっぽはやや短めなのもトイ・プードルの特徴になります。

 

 

性格

トイ・プードルはとても活発な犬種であると言えるでしょう。

 

好奇心も旺盛で機敏に動くことができるため、スポーツにも非常に向いていると言えます。
自立心もとても高く、自己主張をする犬種でもあります。

 

しかし、しっかりとしつけていれば飼い主に迷惑をかけるようなことはほとんどありません。
また、非常に頭がいいことでも知られているので、高等訓練にも適しています。

 

感性も非常に豊かなのもトイ・プードルになります。
飼い主が喜んでいる姿を我がことのように喜ぶ可愛らしさも持ち合わせているので、
コミュニケーションが取りやすいとも言えるでしょう。

 

感受性が豊か故に人見知りをする犬も中にはいますが、基本的には人によくなつくので、
初めて犬を飼う人でも飼いやすいというのも特徴として挙げられます。

 

しつけのポイント

トイ・プードルは動くことを生き甲斐としているので、とにかく触れ合うことが大切になります。
放置癖のある人はトイ・プードルを飼うのに向いておらず、
毎日それなりに知的な遊びで頭を使うと共に
しっかりと運動をさせてあげることもしつけの大きなポイントなのです。

 

活発で行動的な性格と裏腹に手足が細いので、
骨折には十分に注意をしながら遊ぶ必要も出てきます。

 

そして基本的には室内犬なので
屋外の犬小屋などで育てるのは向いていないでしょう。

 

屋外での運動は問題ありません。
モコモコの毛で覆われているので定期的にお手入れをすることも欠かせません。
こまめなカットを行う必要が出てきます。

 

吠え癖や噛み癖がつきやすいこともあるので、
小さな頃から気を付けてしつけをすることも、とても大事な要素となってくるでしょう。