コーギーの特徴

コーギーは原産国がイギリスで、古くから牧畜犬として飼われていました。牛やヒツジを追うために活用されていた「ハーディングドッグ」と呼ばれる種類です。

 

コーギーは、群れから離れる牛やヒツジを群れに戻したり、牛やヒツジの番犬として活躍してました。農牧を中心に飼い主と共に仕事をしながら長い間共存してきました。
畜産に長く関わってきたコーギーですので、現在もなお牧畜犬としての名残があります。

 

■コーギーの身体的特徴

コーギーの身体的特徴といえば、その胴長で短足な格好でしょう。
骨太で筋肉質ながっしりとした短躯なスタイルです。

 

また短い尻尾が特徴で、中には尾が無いコーギーもいます。
耳はピンと真っ直ぐに立っています。
体毛は保温力のあるダブルコートです。

 

■コーギーの性格
コーギーは、従順で社交的な性格です。しかし一方では、警戒心があると本では紹介されていることが多いですね。

 

ですが実際にコーギーと接してみると警戒心が強いというよりも、明るくて、愛情表現がとても豊かで、勇敢で活発、好奇心旺盛な性格です。
牧童犬ですので、運動能力も他の犬に比べると、とても高いのが特徴です。

 

 

コーギーのしつけ

コーギーは飼い主にも従順で、とても賢いのでしつけに関しても、もの覚えがとてもいいでしょう。
牧畜犬として、自分よりも大きい牛やヒツジを相手に走り回っていましたから、勇敢な性格で、小さい体の割には、とても活発で、体力があるのも特徴の一つといえるでしょう。

 

コーギーは育て方によっては、活発な性格が臆病になる犬もいるかもしれませんが、それでも他の犬の種類に比べると、とても社交的な性格です。

 

コーギーは好奇心がとても強いですから、興味を持つものはとても多く、遊ぶのも好きな性格ですが、それが、危険なことに繋がることもあります。

 

いたずら好きになってしまったり、誤飲することもありますから気をつけておきましょう。

しつけをしていても、遊びたいという気持ちが強すぎて脱線してしまうこともあります。

 

コーギーは、飼い主以外の人や他の犬とも仲良くすることができる犬ですから、多頭飼いするにも適している犬の種類です。

 

コーギーの口コミ情報

大変友好的で社交的な性格なのでとても飼いやすい犬種です。太りやすいのも、コーギーの特徴なので適度な運動は必要でしょう。笑顔がとてもかわいいので癒しにはいいですね。

 

コーギーはカミ癖がきついので、しつけが大事ですね。
吠える声の大きさや体重、運動量などから考えるとコーギーは小型犬でなく中型犬だと思います。人懐っこくてかしこく、愛嬌もあるのでよい犬ですね。

 

しつけをきちんとすれば、小さなお子さんがいる家庭でもコーギーは飼えます。初心者にも十分飼える犬種です。

 

コーギーと一緒に遊んでいると、だんだん興奮して噛み付いてくるので、しつけはきちんとしなければいけませんね。

 

しつけによってほとんど鳴かなくなりますよ。たまに吠えると大型犬より太くて低音の立派な声ですね。

 

小さい頃からしっかりとしつける必要がありますね。しつけ方次第で素晴らしくなります。人生で最高のパートナーになってくれる犬種、それがコーギーですね。