ドーベルマン

身体的特徴

ドーベルマンは大型の犬種で柔らかな筋肉を持っているのが大きな特徴です。

 

ムキムキといった感じではなく、しなやかな筋肉に囲まれているといった感じでしょう。

 

鼻はツンと尖り前方に突き出しています。
この顔立ちが細身で筋肉質の体とマッチし、スマートな印象を生み出しています。

 

体の割りに首周りは、太く力強さを醸し出しています。
毛の色はブラッグが一般的で赤みがかった茶色の毛が口元や胸の前方、
そして手足などに生えているのが通常のドーベルマンの被毛です。

 

耳は上の方に伸びている犬と垂れ下がっている犬がいますが、
これは耳を切ったかどうかで決まってくるのが普通です。

 

体の大きさは約70cm、約40kgとやはり大型です。
オスとメスで若干の差が出てきます。

 

 

性格

ドーベルマンの賢さは非常にレベルが高く、命令をする人の気持ちをいち早く察することができるという能力も持ち合わせています。

 

飼い主とそうでない人に対する接し方には、
差があり番犬としても非常に優れていると言えるでしょう。

 

飼い主に対しては、温厚な性格を持っているので
飼いやすいと言えるかもしれません。

 

家庭内に対して攻撃的になることはほぼないでしょう。
しつけ方にもよりますが、家の中では基本的には大人しい性格を感じることができるはずです。

 

好奇心が強いのは言うまでもありません。
何にでも興味を持ちどんな訓練でも楽しんで取り組んでくれるでしょう。

 

飼いならすことができればこれほど心強い犬種はいないかもしれません。
それがドーベルマンになります。

 

しつけのポイント

しつけはとてもし易く、ペットとしては非常に優れていますが、
いかんせん体が大きいのと運動量が多いため初心者には大変と感じることがあります。

 

また内容の詰まったしつけ方をしなければならないので
初心者には扱いにくい犬種とも言えるのかもしれません。

 

運動を十分にさせることができなかったり、しつけの仕方を誤ってしまうと
ドーベルマンならではの攻撃性が全面に出てくることになります。
そうなれば手に負えない凶暴性を発揮されてしまうことにも繋がります。

 

遊びの時以外は自由にさせず、飼い主に従順であるような
しつけ方をしなければ後で非常に面倒なことになります。

 

ドーベルマンはしつけの内容によって、かなり差が出てくるということを
頭に入れながらしつけをするのがポイントでしょう。

 

しつけはしやすいのですが、しつけの内容によって大きく差が出てくる犬種といえます。
知識と愛情を豊富に持った上でしつけることが重要です。
ですが、下記のマニュアルをご覧になれば大丈夫です。