犬のしつけのコツ・心得記事一覧

「犬のしつけ」では大事なポイントがあります。それは「飼い主は犬よりも上の立場に立つ」ということなんですね。これが大事です。しかし、ともすると、愛犬の可愛いさあまりに甘やかしてしまったり。犬の言うことを何でも聞くようになったり。が、このようなことをしていますと、主従が逆転してしまいます!で、なんと!飼い主のあなたを子分のように扱いはじめます!で、こうなりますと、しつけをすることが困難になってしまうん...

犬しつけのコツはいくつかありますが、「いつでも同じ態度でしつけをする」ということも重要とされています。人間も犬もそうですが、その日、その時によって気分や機嫌があります。動物には、感情がありますので、起伏があって当然になりますね。しかし、犬のしつけの際、感情の起伏をそのままストレートに出して行うのはタブーとされています。その日の気分、その時の気持ちで、しつけをする態度を変えてはいけません。その理由は...

犬のしつけには号令や命令の言葉が欠かせませんね。これはどんな種類の言葉であっても、また命令を出すや立場であっても例外はないとされています。犬に物事を教えたり、行動させたりする場合には、「言葉」を使って教える必要がありますね。犬は、人の言葉を話さないからといって、言葉を使わないのは、実際のところ問題があります。犬との間には「言葉」が必要になります。しつけも「言葉」を使って行ってまいりますね。しかしな...

犬しつけでは「褒める」「ご褒美」は大切です。動物を飼い慣らすときは、アメとムチの両方を使って学習させるのがコツになります。「褒める」「ご褒美」は「アメ」に相当するものになります。犬のしつけでも「アメ」を上手に使って覚えさせていくことになります。褒める、ご褒美をあげるタイミングがあるご褒美が必要といっても闇雲にアメを差し出していたのでは、犬のしつけは上手くいかなくなります。ご褒美をあげるタイミングと...

犬は飼い主にとってはかけがえのない存在であり、とても可愛くもあります。その為、厳しくしつけをすることができず、甘やかせる飼い主になってしまうことがあります。犬が悪いことをしたり、客人に迷惑をかけても、叱ることのできない飼い主すらいます。しかしこれではよくありませんね。無駄吠えをしてご近所に迷惑をかけるとか、通行人に飛びついたり、噛みついたりすると、遅かれ早かれ大きな問題を引き起こすようになります。...

犬のしつけにはさまざまな要素が欠かせませんが、その中で最も大切だと言われるのが「根気」だといわれています。「あきらめない」ということですね。犬種によっては、比較的、容易にしつけることができるタイプもいますが、全般的に根気強くしつけを行わなければ、安心して犬を飼うことはできなくなるでしょう。犬を巡るトラブルも増えていますので、しつけをするときは、途中であきらめずに、根気強く行うのが欠かせなくなります...

犬のしつけは根気良く、そして飼い主も犬も楽しくしつけすることが大切です。動物をしつけることは、何かと忍耐が必要になります。苦労ばかりの感覚では、ストレスだらけになってしまいます。愛犬をしつけるわけですので、苦労ばっかりになると嫌気も出てきますよね。ですので、犬しつけはは楽しく行うのがコツになってくると、よくいわれています。といいますか、わんちゃんと一緒にいるだけで楽しくなりますよね。でも、いざ「し...

犬を初めて飼う人は、犬は常に家の中や庭をかけ回って遊んでいるというイメージを持っているかもしれませんね。けれども、これは「思い込み」ですね。けれども、もし、こうしたイメージを抱いたまま、宇ぬを買い始めると、放し飼いにしてしまうことがあります。犬を縛り付けるの可哀想とか思って、自由にしてさげようという「やさしさ」「善意」から放し飼いにしてしまうこともあるでしょう。けれども放し飼いというのはしつけ上、...

犬のしつけでは、カスタネットの音を使うと、スムーズにしつけができます。犬は、音に敏感ですが、カスタネットなどの音を嫌がる性質があります。もっともカスタネットをわざわざ使わなくても、手をたたくだけでも嫌がったり怖がったりする犬もいます。たとえば雷が鳴ったり、風が強い日には、その音に反応して怖がっている犬も多いでしょう。実際、花火、爆音に弱い犬もとても多い傾向ですね。このように犬は音を嫌うのですが、こ...