飼い主は犬よりも上の立場にあることが大切

「犬のしつけ」では大事なポイントがあります。
それは「飼い主は犬よりも上の立場に立つ」ということなんですね。
これが大事です。

 

しかし、ともすると、愛犬の可愛いさあまりに甘やかしてしまったり。
犬の言うことを何でも聞くようになったり。
が、このようなことをしていますと、主従が逆転してしまいます!
で、なんと!飼い主のあなたを子分のように扱いはじめます!
で、こうなりますと、しつけをすることが困難になってしまうんですね。

 

 

そもそも犬は群れで生活する動物です。
群れをなすということは集団で生活するという意味です。
で、集団で生活することになれば、一番上の立場のリーダーが必ず誕生します。
それが集団で生きる動物の性(サガ)です。
事実、集団で生活する動物の世界の全てに「リーダー」が存在します。

 

で、犬の世界では、リーダーは絶対的な存在になります。
リーダーの言うことは、他の犬達は必ず聞くようになっているんですね。
犬にはこのような本能と生態があるということなんです。
上下関係は、はっきりしています。

 

ですので犬をちゃんと飼うためには、飼い主のあなた様が、
「上の立場」に立って「主人」であり続けなければならないんですね。

で、もしもこうした関係が「嫌」なら、率直にいいますが、
残念ながら犬を飼う資格はないんですね。
猫っかわいがりに犬を飼うことはできないんです。

 

 

 

人間のペットとなった犬は飼い主をリーダーとみなす

犬が「リーダー」「主人」を必要とする性質は、
人間社会の中で生きている犬でも、変わらずにあり続けています。
飼い主である人間が、犬のリーダーになるんですね。

 

逆にいえば、人間が何故、犬を飼うことができるかといえば、
犬が人間(飼い主)をリーダーをみなしているからなんですね。
ですから人間であるあなたさまは、ワンちゃんのリーダーとなって、
愛犬を必ず従わせなければいけないんですね。

 

犬は、自分よりも上の立場に従う習性があります。
ですので、犬のしつけをしようと思うなら、
飼い主のあなたは犬よりも上の立場に立ち、
自分がリーダーであることを示し、
愛犬にこのことをわからせる必要が出てきます。

 

飼い主がリーダーであると分かれば、
犬にとって飼い主の言うことが絶対になります。
この関係を「正しい主従関係」といいますね。

 

 

犬のしつけでは、飼い主が主導権を握るのがコツ

犬が飼い主をリーダーだと認めていませんと、犬は飼い主の命令や言うことを聞きません。ですので、「しつけ」もまずうまくいかないんですね。

 

「しつけ」が何故、うまくゆかないのか、
何故、失敗するのかといった理由の一つは、
ワンちゃんが、飼い主のあなたを、「リーダー」と思っていないからなんですね。

 

 

ですから、犬のしつけを成功させたいのであれば、
あなたと愛犬との主従関係を構築させる必要があるのですね。
あなたさまが主導権を握るんですよ。
もし!飼い主が犬に従い始めたなら、犬がリーダーになってしまいます!
で、家族の言うことも絶対に聞かなくなります。

 

で、ご近所に、多大な迷惑をかけたり・・・。
あるいは、犬が通行人に飛びついて大けがを負わせたり。
もう散々な目に合いますよ。

 

ですので飼い主は、犬よりも「絶対的に」上の立場にあることを、
犬にわからせる必要があるんですね。
「しつけ」を始める前に、まず「主従関係」をきちんと作っておくことが大切なんです。

 

 

ネガティブな感情を出すと「上の立場」を失う

しかし、ここで注意が必要です。
それは、飼い主のあなたがリーダーになるからといって、
犬に対して、暴力、怒り、不安、緊張といったネガティブな感情をだして「しつけ」てはならないんですね。こうすると、かえって逆効果になってしまいます。
リーダーになるには、穏やかさ、冷静、毅然といった態度が望ましくなります。

 

これは人間社会でも同じですよね。
部下に対して暴君になれば、恨まれます。
犬も同じなんですね。
逆にいえば、犬を飼うことで、人間社会における主従関係を
学ぶことができる面もあったりします。
もちろん、犬と人間とではちがいますけどね。

 

しかし犬は、人間が思っている以上に、
相手の心やエネルギーを敏感に察知しています。
しつけが上手くいかないからといって、怒ったり落胆して諦める感情を出すことは、
犬の世界では「あなたが負けたこと」の意思表示になるんですね。

 

つまり、これは飼い主であるはずのあなたさまが、
上の立場でいられなくなるということなんです。
リーダーとして認めてもらえなくなることを意味しています。

 

泣いたり、わめいたり、怒ったりマイナスの感情を吐露することは、
犬の世界では「負け」を意味しています。
リーダー失格ということ。
子供の喧嘩でも、泣いた方が負けというのがありますよね。
これに似ています。
ホント、犬の飼育は人間社会の縮図のようなところがあります。

 

ですので、犬のしつけでは、ネガティブな感情は出してはいけないんですね。
忍耐力が必要になってくるんです。

 

そして「犬のしつけ」においては、まず、犬よりもあなたが
上の立場に立っていることを示し、主従関係をはっきりさせておくことが
大切になってくるんですね。

 

犬しつけの心得のまとめ

  • 犬のしつけでは、飼い主が必ずリーダーとなること
  • 可愛いさのあまり甘やかすと、犬がリーダーになり飼い主の命令を聞かなくなる

 

が、こうして文字で説明するよりも、実際の映像をご覧になるほうがわかりやすいですね。
こちらのDVDなら、どんなワンちゃんでもおりこうさんになりますよ。
犬のしつけでは定番のマニュアルです。

遠藤和博の犬のしつけ講座