マンションで犬を飼う場合は細心の配慮

マンションやアパートで生活している方も多くなっている昨今、マンションで犬を飼う人も多くなっています。この傾向は都会だけでなく、地方にも最近は多くなっています。

 

マンションやアパートは、壁一枚で仕切られている住居ですので、犬をはじめとしたペットを飼う場合は、近隣への細やかな配慮が必要です。
マンションは共同の生活空間と考えた方がいいでしょう。

 

マンションの住居人の中には、

 

犬嫌いな方
犬アレルギーの方

 

もいらっしゃいます。
「近くに犬嫌いの人はいない」といって安心してはなりません。マンションは入居者も変わりますので、基本的に「犬嫌いの人」「犬アレルギーの人」が「いる」という前提で、犬を飼う工夫をしましょう。

 

マンションでワンちゃんを飼うときはこの犬しつけマニュアルがおすすめ

 

犬を巡るトラブルは多い

なぜなら、もしも犬嫌いな方がいらっしゃったら、相当なトラブルに発展することは容易に想像もできるからです。実際、裁判や傷害事件にまで至ったケースもあります。

 

犬の飼育を巡ってのトラブルは、実は結構あります。新聞やテレビにも時々、飼い犬を巡っての事件が掲載されるときもあります。

 

ですので、犬嫌い、犬アレルギーの方が近隣、同じマンションに入居されていたのなら、迷惑をかけないように配慮をしましょう。

 

もちろん普通の住居人の方々にも配慮が必要です。朝方の犬の遠吠え、無駄吠えはどんな人でもストレスを感じます。共有施設でのウンチやオシッコは嫌われるだけでなく、明らかにマナー違反です。

 

犬の飼育一つで、飼い主のあなたの人格すら疑われますので、マンションやアパートで犬を飼う場合は細心に配慮として、しっかりとしたしつけをして下さい。

 

これを無視して犬を飼うのは、飼い主として無責任過ぎます。「犬を飼う資格は無い」といっていいでしょう。どうか愛犬家の方は、マンションで飼われる場合、近隣にご迷惑をかけないように配慮し、しつけも充分に行ってください。

 

もしも犬のしつけの適切な方法が分からない場合は、下記のDVDをご覧になるといいでしょう。プロ中のプロが分かりやすくレクチャーしていますので、大変おすすめできます。

 


プロのドッグトレーナーの「しつけ」が自分でできる
森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法

マンションで犬を飼うならしつけが絶対に必要関連ページ

マンション・アパートでは飼い犬への苦情・トラブルが多い