犬訓練士〜ドッグトレーナーとは違う

犬のしつけや訓練をする専門家には、犬訓練士と、民間のドッグトレーナーがいます。

犬訓練士とドッグトレーナーは似ていますが、違う専門家と考えたほうがよくなります。

 

犬訓練士とは、警察犬・盲導犬・介護犬といったように、社会性、公共性の役目を担う犬を訓練する日本警察犬協会による認定資格を所持した専門家をいいます。

 

正式名称はそのまま「犬訓練士」で、ドッグトレーナーと似ていますが、警察犬や盲導犬、介護犬を養成する目的の専門家になります。

 

犬訓練士と民間のドッグトレーナーとは正直なところ違っています。公認資格の犬訓練士は、ペットのしつけというよりも、子犬の頃から育てて、盲導犬や警察犬、介護犬といった非常にレベルの高い犬を、しかもゴールデンリトリバーなどの犬種を限定して養成します。

 

犬訓練士レベルの確かな犬のしつけ方法はこちら

 

犬訓練士に勝るドッグトレーナー

一方、家庭でペットとして飼っている犬をしつける訓練士(ドッグトレーナー)は、実績を重視した自称タイプや、犬訓練士の資格保持者が多い傾向です。

 

家庭で飼うペットとしての犬の場合、様々な犬種もあって、性格も違い、しつけの難易度が高いケースが要求されます。ハッキリ言ってしまいますと、犬訓練士よりも、実績のある民間のドッグトレーナーの方がしつけの能力は高いです。

 

民間のドッグトレーナーは犬訓練士と違って、あらゆる犬種を扱っていますので、しつけの難しい成犬でも必ず良い子にしてしまう程のすぐれた実力を持っています。

 

中には、数秒でしつける神業の持ち主もいまる。

 

犬訓練士は、特定の犬種を特定の目的で育成すしますので、一般家庭のペットの場合はドッグトレーナーに依頼するのがおすすめです。

 

最近では、プロのドッグトレーナーが解説しているしつけDVDが出ています。これらは犬のしつけに大変役立ち、見た人は愛犬のしつけに成功しています。犬しつけDVDは何かとおすすめになります。

 


プロのドッグトレーナーの「しつけ」が自分でできる
森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法