犬の問題行動をしつけで改善記事一覧

犬によっては、噛み癖があり困っている飼い主さんもいるでしょう。噛み癖のある犬はしつける必要があります。なぜなら、他人に噛みついたときに怪我を負わせたり、事故につながるからです。また室内で飼っているなら、噛み癖のために家具屋インテリア品が傷付いてしまうこともあります。ですので、あなたの愛犬に噛み癖があれば直す必要があります。噛み癖の原因噛み癖は、子犬の頃の甘噛みの癖がそのまま残って、成犬になっても身...

犬が甘噛みをしない「しつけ」の方法を説明しましょう。「甘噛み」とは軽く噛みつく行動のことですね。指や足を軽くかんだりする行動ですが、子犬に多く見られ、一般的には犬の「甘え」と言われています。しかし甘噛みをしつけないで放っておくと、永久歯が生えそろった成犬が甘噛みをした時、大怪我するようになります。万一、知人や他人に甘噛みをして怪我を負わせたりしたなら大迷惑を与え、賠償責任にもなりかねません。ですの...

犬の無駄吠えに悩まされて困っている飼い主も多いかと思います。事実、「犬公害」とされる筆頭に「無駄吠え」があります。マンションのような集合住宅だけでなく、住宅街となっている一戸建ても、とかく問題になり、近所迷惑になるのが「無駄吠え」です。都会では、ご近所とのコミュニケーションが不充分で、隣の住民がストレス過多となって、事件に発展しているケースもあります。犬の無駄吠えは、問題になりやすいため、かならず...

飼い主に向かって犬が唸るのは、実は「要注意」のサインです。犬のしつけが上手くいっていない現象の一つが、「飼い主に対して『唸(うな)る』」という行動になります。しかしながら、犬が唸ること自体は、わりとよくあることなんですね。犬は、元々「狼(おおかみ)」を祖先とした「集団で生活する」動物です。狼や犬の群れ集団の中には「序列」があります。犬には、この序列を競い守る仕組みが本能の中にあります。ですので犬を...

愛犬が他の犬を威嚇するのは問題行動になりますよね。もしも、愛犬が他の犬を威嚇してしまう場合は、しつけを見直す必要があります。そうして犬の威嚇行動をしつける際、自分が飼っている犬が攻撃的な性格なのか優しい性格なのかを知ることですね。飼っている犬が、どちらのタイプなのか、自分の犬の種類の性格を理解することです。攻撃的な性格の犬種は、威嚇行為を取りやすくなります。たとえば、ドーベルマンピンシャーシェパー...

興奮しやすワンちゃんはいますよね。が、興奮する理由は、犬種や元々の犬の性格にもよるとされていますね。あと、子犬は興奮しやすいもので、ある程度の年齢になれば落ち着くようになります。でも、成犬になっても興奮が収まらないのであれば、まず運動不足の可能性があります。しつけが出来ているのに興奮する場合は、散歩に連れていってみましょう。たぶん、これで解決すると思います。けれども、それでもダメな場合は、「しつけ...

犬の「飛びつき」。時々ありますよね。子どもや通行人にパっと飛びついてしまう犬。そういう光景を目撃するときがあります。しかし、犬の「飛びつき」。「飛びつき」といっても、実は、いくつかのケースがあったりします。その「飛びつき」の状況によって、飛びつく意味も違ったりします。今回は、犬の「飛びつき」についてお話しさせていただきます。犬の「飛びつき」には種類があるそもそも犬の「飛びつき」。先ほどもご説明した...

犬をしつけて留守番でお利口さんにするというやり方もありますね。けれども「留守番のしつけ」は無理にしないほうがいいと言われてもいます。人によっては、不要と言っている方もいるようです。ただし、留守番中にムダ吠えをするのは、止めさせるようにしたほうがいいですね。留守中に鳴く場合は、しつけをして改めさせる必要があります。留守中の無駄吠えを直す方法話しを戻しますが、留守番のしつけが何故、やらなくて良いかとい...

犬が異常行動をおこす理由は何なのでしょうか?時々、犬はおかしな行動を取ることがあります。たとえば、自分の尻尾をおいかけてクルクルと回ったり、お尻に臭いをかぎたがったり、おもらしをやたらするときがあります。このように犬は稀に日常とは違う行動、異常行動を起こす場合があります。この異常行動を起こした場合、あらゆる可能性を考えなくてはなりません。まずは病気です。体に異変が起こると犬は普段とは違う動きをして...