犬の異常行動の理由は何?

犬が異常行動をおこす理由は何なのでしょうか?

時々、犬はおかしな行動を取ることがあります。
たとえば、自分の尻尾をおいかけてクルクルと回ったり、お尻に臭いをかぎたがったり、おもらしをやたらするときがあります。
このように犬は稀に日常とは違う行動、異常行動を起こす場合があります。
この異常行動を起こした場合、あらゆる可能性を考えなくてはなりません。

 

まずは病気です。
体に異変が起こると犬は普段とは違う動きをして、それらを排除しようとするので、日常にはない行動を起こす場合があります。
他にも犬はトイレが原因でくるくると回ってみたりすることがあります。
これは排泄を促してあげれば、異常行動は収まります。

 

犬の異常行動には原因不明の場合も少なくなく、これらは強制行動と呼ばれることもあります。
強制行動とは犬がいるその場の状況には適さない行動を起こすことで、しばらくその異常行動を続けるという特徴があります。
急に起こる異常行動なのですが慌てず対処しましょう。

 

この強制行動も病気が原因である場合がありますし、怪我やストレスが溜まっていることも考えられます。
犬と飼い主などとの関係を修復したり、しつけの仕方を修正することで改善する場合もあるので適した対応の仕方が求められます。

 


プロのドッグトレーナーの「しつけ」が自分でできる
森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法