噛み癖はしつけて直す必要がある

犬によっては、噛み癖があり困っている飼い主さんもいるでしょう。

噛み癖のある犬はしつける必要があります。

 

なぜなら、他人に噛みついたときに怪我を負わせたり、事故につながるからです。
また室内で飼っているなら、噛み癖のために家具屋インテリア品が傷付いてしまうこともあります。

 

ですので、あなたの愛犬に噛み癖があれば直す必要があります。

 

噛み癖の原因

噛み癖は、子犬の頃の甘噛みの癖がそのまま残って、成犬になっても身についてしまっている状態です。

 

ですので、噛み癖をしつけりためには、本当は、子犬の頃から始めることがポイントになってきます。甘噛みのしつけ方法と基本的には同じになります。

 

子犬時代の噛み癖は、甘噛みになることが多いのですが、子犬に噛まれても痛くないですし、可愛らしい行動なので、許してしまう飼い主も多いものです。

 

しかし子犬の間から噛んでいいもの、悪いものの違いを教えなければ、「人間に噛みつくことが悪いこと」ということが分からず、成犬になってからも噛み癖が付いたままの状態になってしまいます。
これが噛み癖の原因です。

 

噛み癖をきちんと治せるおすすめの犬しつけマニュアルはこちら

 

噛むことが愛情表現であっても・・・

犬にとっては、実は「噛むこと」も愛情表現の一つです。

ですので、乳歯から永久歯に生え変わるときに、人間にじゃれて噛んだりしますが、ここでしっかりとしつけをしないと、そのまま噛み癖が付いてしまいます。

 

じゃれて噛んできたら、それが強かったら口をたたいて「イタイ」「ダメ」といって「痛い」ことを犬に伝えます。理想は、子犬の時代から多くの人に接してもらって、人間から「人に噛みつくことは悪いこと」と覚えさられることです。こうすると、人間とも信頼関係を結びながら噛み癖のしつけが自然にできるようになります。

 

噛むことが犬にとっては愛情表現の一つであっても、人間と共存していく場合、犬の噛み癖は危険行為ですので、飼い主は責任を持って直さなければなりません。

 

噛み癖のしつけ方法

成犬になってからでも噛み癖はしつけで直すことはできます。噛み癖を直すためのしつけの方法は、子犬の甘噛みのしつけ法と基本的には同じになります。
最初の段階では、噛みつかれると「痛い」ということを犬に分からせることから始めます。

 

そして、おもちゃ、タオルを引っ張り合いして、物をかませる習慣をつけます。
「決められた物は噛んでもよくて、人や家具を噛んではいけない」ことをわからせることがポイントになります。

 

子犬の場合、乳歯から永久歯に変わるときは、歯がかゆくて、どうしても噛んでしまいます。こういうときは、犬用のガムやおもちゃを与えて、噛み癖が付かないように、しつけをしていきます。

 

家具や電気コード、また食べてはいけないものは、逐一、「噛んでは駄目」ということを必ずしつけて下さい。電気コードの場合、感電してしまう危険もあります。おかしな物を噛んで食べてしまうと、胃の中に異物が刺さってしまい手術に至るケースもあります。

 

「ダメ」を教えるしつけのポイントは、低い声で叱ること、犬の口を叩くか口をつかんで叱ることです。
こうすることで犬に「悪いことをしてはいけない」を教えることができます。

 

また犬が噛みつきそうな物は、最初は届かない所に置くようにするといいでしょう。

 

噛み癖は、怪我や事故につながる問題行動ですので、飼い主のあなたが責任を持って犬の為にしつけるべきことです。何かあった後では、手遅れになりますので、必ず直してあげてください。

 

下記のDVDは、噛み癖のほか、犬のしつけから飼育に関してプロがレクチャーしていて大変分かりやすくなっています。一枚はぜひとも持ってご覧になることをおすすめいたします。

 


プロのドッグトレーナーの「しつけ」が自分でできる
森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法